• ホーム
  • 避妊薬以外の子宮内膜症治療法

避妊薬以外の子宮内膜症治療法

2019年06月19日
薬を飲む女性

子宮内膜症は、20歳台から30歳台の女性に多く見られる病気で、子宮内膜が何らかの原因で本来あるはずの子宮の内側以外の場所に形成されてしまうために起きるもので、炎症による痛みを伴ったり、古い血液が塊となって溜まるチョコレートのう胞を生じたりします。

この病気には女性ホルモンが関連しているため、治療にあたっては避妊薬として一般的な中容量ピルなどが用いられます。
これによって子宮内膜の増殖が抑えられるとともに、月経に伴う痛みも軽減されますが、もともとが避妊薬のために妊娠予定が当面ない人に限った利用となります。

しかしながら、最近ではこうした避妊薬を用いない薬物療法も開発されていますので、症状やライフスタイルにあった治療法を選択できるようになっています。

例えば、黄体ホルモン療法は、名前のとおり女性ホルモンの一種である黄体ホルモンを含む製剤を投与するもので、子宮内膜症の病変部に直接働きかける効果が期待できるほか、のぼせや発汗などの更年期のような症状が出る副作用も少ないとされています。

偽閉経療法は、薬物によって性腺刺激ホルモンの分泌を抑えて人工的に閉経状態を作り出すというもので、更年期によく見られるような症状が副作用として出やすいとされていますが、投与をやめれば治ります。

薬物療法のほかには手術療法があり、特に直径の大きなチョコレートのう胞ができた際には、破裂するリスクを避けるための早期の手術が有効となります。
おなかを切開する開腹手術、麻酔をして小さな手術器具をおなかに挿入する腹腔鏡手術のふたつの手法があります。

また、根治手術としては子宮と卵巣の摘出術があり、当然ながら女性ホルモンが分泌されなくなるため、子宮内膜症の原因となっている組織も手術後にはしだいに消滅してしまいます。

関連記事
避妊薬の処方は病院にて健康保険が適用されるか?

「低用量ピル」とは、妊娠を防ぐ効果が期待できる経口避妊薬のことです。低用量ピルの避妊効果は、指示通りに服用することで、ほぼ100パーセントに近い効果を発揮します。経口避妊薬は、卵巣から分泌されている黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類の女性ホルモンが含まれています。経口避妊薬のメリットは、確実な避妊効

2019年11月24日
避妊薬はタバコで血栓症になる可能性もある

避妊の確率が高い経口避妊薬は、正しい飲み方をすれば、ほぼ100パーセントの確率で避妊する事ができ、女性の意思で積極的に避妊できる手段としてメリットのあるものです。ただ喫煙者が経口避妊薬を服用し続けると、血栓症や心筋梗塞などの、重大な副作用を起こすリスクが高くなります。リスクは年齢が高くなるほど高くな

2019年10月28日
避妊薬でセックスによる妊娠を回避!生理周期の安定も

健康な男女がお付き合いをするうえで、セックスは必ず意識するものであり、愛情を図るコミュニケーションの手段として用いられることは、当然の流れです。しかし、人間を含む動物に取って、セックスは子供を作る手段であることにも変わりはないので、妊娠を希望していないのであれば、避妊対策をきちんと行うことは、子供を

2019年08月30日
避妊薬を利用すると減退出血の作用がある

避妊薬は、性行為によって妊娠をしないように事前、または事後に服用する薬のことを言います。服用すると性行為で精子が子宮内にあったとしても妊娠しない身体にしてくれるので子供が出来ることはありません。避妊薬の使い方というのは、本来このように妊娠を避けることなのですが他にも女性にとって有意義な使い方が存在し

2019年09月28日
子宮内膜症の検査をするには

子宮内膜症とは、子宮内膜が子宮以外の場所である卵巣や腹膜などで増えて、剥離を繰り返す病気です。子宮内膜は本来、子宮の内側にしか存在しないものです。子宮内膜症になっているのかどうか、わからなくて不安になってしまう人もいるはずです。どのような検査を受けるのか、疑問に思うこともあるでしょう。子宮内膜症の検

2019年08月16日
子宮内膜症の主な症状

女性がかかる婦人科系の病気に子宮内膜症があります。子宮内膜症は発生率が1割以上にのぼりますが、現在は増加傾向にあります。子宮内膜症が起こると、妊娠しにくくなったり痛みが発生するといった症状が現れるようになります。元々月経困難症を患っている女性に発生しやすい病気で、月経時の下腹部痛や出血量の多さも特徴

2019年07月21日
20~30代に増え続ける子宮内膜症

子宮内膜症とは本来、子宮内腔にしか存在しないはずの子宮内膜や子宮内膜様が子宮以外の場所にできてしまう病気で、病気の根本は単純ではありますが最も問題となるのが「痛み」であり、不妊症の原因にもなりうるもので、若い世代に増え続ける子宮内膜症は軽視できない病気となっています。子宮内膜症の診断として内診、血液

2019年07月02日